A:リチウムイオン電池の社会財化分科会A:リチウムイオン電池の社会財化分科会の最新情報をお知らせします。

電池情報管理システム、リユースシステム、検定と評価とそのビジネス化などを 成立させるための標準化を含む社会システムを議論し、社会一般と行政に提案を行うことでビジネスを促進